スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム バトルオペレーション我流考察【課金システム編】

お久しぶりです

管理人の後藤です


最近はCoDだけでなくいろいろなゲームに手を出しすぎて更新を蔑ろにしてます

書きたいときに書く、ブログなんてそんなもんです

毎日続ける!なんてやるから続かないんです


そんなこんなでこのブログの最初の記事は2007年7月29日です

いつの間にか5周年ですね

書かない時は3ヶ月くらい書いてなかったですが今回は半年でした

まぁ不定期更新でもいいので、ひっそりと続けていきますよっと





今回、改めて記事を書こうと思ったのは「ガンダム バトルオペレーション」のことについてです

基本無料で必要なのはPS3とネット環境(できれば有線)だけ、と敷居は非常に低く設定されています



が、やってみれば初心者はまずボコボコにされるでしょう




今回の考察はまず課金形態について書き記す

というのも、ガンダム系のゲームに興味のある人は簡単に手を出すと思う

もちろんいろんな人に遊んでもらいたいと思うが、このゲームは課金が任意だが存在する

ほかのネトゲと違い極端な課金はありませんが、お得に使えるものがあったりなかったり

とりあえず読んでおいて損はしない内容になってます


では本編へ


さて、まず書かなければならないのが課金システムだろう

基本は無料で2時間ごとに1回分の支給エネルギーが貯まる

もしそれ以上に続けてやりたい場合はPSNから備蓄エネルギーを購入する必要がある



エネルギーの料金は以下の通り

1個:100円
6個:480円
13個:950円
27個:1850円

上から単価で示すとこの通り


1個辺り:100円
1個辺り:80円
1個辺り:73.07・・・円
1個辺り:68.51・・・円


見ればわかるが1個だけ買うのは明らかに損

最低でも6個からまとめて買いたい

あとはその時の財布と相談するべし




ちなみに、時々行う安売り時の値段はこちら

2個:100円
10個:480円
20個:950円
40個:1850円

この場合の単価はこちら


1個辺り:50円
1個辺り:48円
1個辺り:47.5円
1個辺り:46.25円

当然といえば当然だが、多めに買っても単価はそこまでかわらない

一応99個まで貯めておくことはできるので買いだめするのもアリ




とまぁ簡単にまとめてみたのだが

1日3ゲームと割り切ってやれる人なんていないと思うので

このゲームは「ゲーセンに行かなくても良い、ちょっと安いアーケードゲーム」と思っておけば良い

とにかくお金が発生しているということだけは忘れずに

それに見合って面白いかどうかは各個で判断してください






続いては課金武器や機体、カスタムパーツについて


武器やカスタムパーツはLV4から、MSはLV5から課金する必要があり、それ以上のレベルではまた不要になる

ゲームを楽しむだけじゃなくてゲーム内で俺TUEEEEEをやりたいがために金など払うか!と思うかもしれないが

武器やカスタムパーツが200円、機体が300円とかなり良心的な価格設定

さらに、課金すると今までよりも性能の上昇率が上がるという仕様

カスタムパーツはスロットの関係上、付けづらいものもあるが(一部除く)機体と武器はその効果を実感しやすいだろう


なので、お金の許す限り機体と武器だけは強化しておきたい



そもそも高レベルの武器や機体の設計図は早くても伍長辺りから登場しはじめるので

それくらいやり込んでいる人であれば備蓄エネルギーを含めあっさり手を出してしまう罠






最後の課金はブースト系パーツ


カスタムパーツ枠に装備することで階級exp、開発ポイント、設計図の入手を促進するもの

前2つは2倍に、設計図は1枚増やすことができる

味方の誰かが装備している場合ロビーで該当するアイコンが点灯し、勝利すれば全員にその効果が反映される

価格は階級expが100円、開発ポイントと設計図が350円でそれぞれ8回分使える





それぞれ考察してみると、まず値段が安い階級expが目に付く

8回分が100円と安価で、単価は12.5円

これを装備すれば階級の上昇速度が単純に2倍になる

早く階級をあげることができるが、階級だけ上がってもプレイヤースキルや機体等の設計図は増えない

つまり実力の伴わない高階級のダメ兵士が出来上がることになる

そんな人はきっと他のブースター系にも手を出す始末になる

階級が上がってきて(8/30日現在で少尉以上、あくまで目測)開発ポイントがあまり出したら付けると良い


安いからといって安易に手を出してはいけない




続いて開発ポイントブースター

現状で最も効果のあるブースター系パーツ

伍長辺りから設計図は完成したものの開発ポイント不足で何も開発できない、という状況が続くだろう

また、開発ポイントは多すぎても困ることはない

さらに重要なのが自分の戦績に依存する階級expブースターと違いほぼ安定して2倍を稼ぐことができる点

魅力が満載だが値段が350円、単価が43.75円と高く設定されている


それてもゲームの仕様でこの手のポイントは常に不足するように作られているので、最も手が出てしまいそうなものであるのは確かだ


上で「安定して2倍の開発ポイントを入手できる」と書いたが

これはゲームの勝利時と敗北時の入手開発ポイントの量にそこまで差がないからだ(勝利時1000p、敗北時900p)

それは要するにもう1回分の出撃と換算することができる

出撃に備蓄エネルギー(13個分)を使ったとして開発ポイントブースターを使うと1回辺りの金額が
(以下、小数点を四捨五入)

73円+44円=117円

となり、ゲーセンでの1回分のゲームよりも高くつく


逆に1回の出撃(備蓄エネルギー使用)で得られる報酬(備蓄使用なので連続出撃ボーナス込みの階級exp、開発ポイント、設計図4~5枚)から開発ポイント分を引くと

73円-44円=29円

なので、29円を追加で払えば階級expと設計図4~5枚と1回分の試合を楽しめることになる

これを高いと感じるかどうかはあなた次第





最後に設計図+1のブースターパーツ


どう考えてもお得な気がしないうえにぼったくりなパーツ

現状では購入する必要性は皆無、本当に忙しい人向け


1試合で手に入る設計図は基本3枚で勝利時に+1枚、連続出撃ボーナスでさらに+1枚、ブースターでさらに+1枚となる

ただでさえ設計図は獲得枚数の増える機会が多いうえに値段が350円と非常に高額

しかも2倍ではなく+1枚なので、設計図1枚に43.75円払っている計算になる

安定して+1を確保できるが、いくらなんでもコスパが悪いだろう

バンナムも課金させたいのなら設計図は100円にするべき






ブースター系パーツの解説は以上の通り

それではここで、ブースター系パーツだけで1試合分の値段を計算してみる

獲得設計図は平均で4枚ということにすると


13円+44円+44円*4=233円


備蓄エネルギー13回分が単価辺り73円で1試合楽しめるとを考慮すると・・・もはや何も言うまい

もちろん階級expは調子の良い時に使っていれば値段以上の効果を発揮するし、設計図の獲得枚数は前後するという事実を考慮しても

非効率的であることに変わりはない


1試合を73円で楽しむか、フルブースターで174円で楽しむかはひとそれぞれだもんね










今回は課金形態の解説だけで終わりですが、次は戦闘準備編にしようかと思ってます

というのも、このゲームチュートリアルが一切なくて、オペレーターにいきなり

「まずは実戦にいってみましょう」だなんて言われるトンデモ仕様

ロード画面の操作方法に載っていない操作もあるので知っておいて損はないはず

近日公開です

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
最近の記事
管理人オススメ
最近のコメント
リンク
モンハン情報
アクセスランキング
本を買うならBOOK・OFF
ブックオフオンライン
検索用
プロフィール

後藤検事Ⅱ世

Author:後藤検事Ⅱ世
最近はビートルマニアが一度は夢見るEpiphoneのCasinoを購入
ほぼ毎日ギターと向き合う日々が増えている中ゲームの攻略などを記事にしてます

なんだか最近メタボ気味…

管理人のスマブラのフレンドコードです
5112-2645-3888

はじめてきた方はIndexまでどうぞ

管理人オススメ2
カテゴリー別
月別アーカイブ
YUI最新情報♪
MicroAd
ブログ内検索
最近のトラックバック
ブログのことなら
Powerd by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。