スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Call of Duty:Black Ops 我流考察【AR偏】

さてさて

試験も終わったことですし更新しましょうか

うちの地震での被害は少なくて済みましたが

とりあえず自分の小さな財布からも少しは支援に貢献しましょう


さてと今回からはBOのオンライン大戦での装備について解説しましょう

MW2とはいろいろな意味で勝手が異なるので注意が必要

まぁ改善なのか改悪なのかは自身で確かめよう
今回はARの解説です
解説を始めたのがMW2なので前作との違いをメインにしていこうと思う
でもまぁパークも大きく変わりステージの特性からしてMW2とは使い勝手がかなり違う

とゆーか
今作は武器の個性がかなりなくなっていてどれも無難に戦える仕上がりになってます
以前のような差別化はもちろん、今作では新しい組み合わせ等も特にありません
ダブルタップMINIMIや冷血UMPなどのぶっ飛んだ性能を持つ物はなくM4A1とAK47だけで戦ってる感じ
これではたくさんのクラスを作っておきたい!って気持ちが起きないのでパークのプロ化の鬼畜具合と相まってプレステージする価値もあんまりないかも
なので全般的に短いですがどうぞ


アサルトライフル【AR】
ストッピングパワーが廃止された今作において高威力を維持しつつ機動力の高さから走り回ることも出来る
高威力を生かしてサプレッサーとの相性も良い
しかし武器ごとの個性は前作よりもさらになくなっており、武器のジャンルが大きな違いとなる
大まかに武器の威力によってわけると40属、35属、3点属、セミ属となる

40属…最初に40の威力を持ち威力減衰により30まで落ちる
体力が100の通常のルールにおいて最も遠距離の敵を倒すのに長けている
近距離は3発、遠距離でも4発で敵を倒すことができる
その分発射レートは若干低めに設定されている
サプレッサーとの相性が最も良く35属と比べると約6m、3歩分遠くの敵でも3発で倒せる
ストッピングパワーのない今作においてはヘッドショットをしてもキルに必要なのは3発のまま
遠距離だと4発が3発になるので出来れば狙っていきたいが無理はしないで当てて行くだけでも良い
高威力で低レートなので弾に困ることがないのが強み

35属…威力は35から始まり最低で25まで下がる
キルに必要なのは近距離が3発遠距離が4発と40属と大差はないが中距離以降で差が出てくる
40属と比べると発射レートが高めに設定されている
上にも書いたが40m以上距離があった場合は4発必要になる
サプレッサーを付けた場合でも同じくなるべく近い距離で戦えるステージで選びたい
しかし銃の威力がレートによる依存が大きい今作ではそれほど不利には感じない
むしろラグによって10発以上撃っていても負ける時は負ける
レートが高いので弾を気にしながら戦いたい
デュアルマグがあると良いだろう

3点属…ワントリガーで威力が40の弾を3発発射する
40属の威力を持ちつつ発射レートは高いので中距離以降の敵を落ち着いて狙って撃ちたい
3発のレートは高めだが次の3発までにはスキが出来るので遭遇戦などでは不利
ハンドガンに持ち替えても良いがアタッチメントのショットガンを選ぶほどでもない
しかしストッピングパワーがない今作では3発キッチリ当てる必要がある
ラグ地獄の今作において3発全て当てることは結構難しいので2トリガーくらいをめどに撃つと良い
まぁ2トリガーするくらいならフルオートを選んだほうがマシかも
また、自分に対して横に移動している敵にはラグがなくても3発当てることが非常に困難
フルオートとの大きな違いは撃ちながら狙うことが出来ない点
きっちり狙ってから確実に仕留めることが要求される

セミ属…威力50-40の弾を1発ずつ発射する
近距離から中距離くらいまでを2発で倒すことができ、遠くてもヘッドショットであれば2発でいける
2つしかなくどちらも個性があると言えるほど大きな違いはない
近距離での戦闘では確実に2発当てる技量が求められるので、かなり上級者向けと言えるだろう
しかしまぁ3点バーストの使い心地が微妙な今作ではもう少し見せ場がありそう
ただ極端に遠距離での戦闘が今作のマップ事情からしてあまりないので有効的に使える時は少ない


上の通りストッピングパワーのない今作にはレートや銃の威力が勝敗を分かちやすい
高威力で中距離以降戦えるのはかなり有利なのでARの出番は多い
クリアリングやエイムが上達すればスコアは自然と出る
まぁラグがひどいことはこれからも改善されることはないので我慢しよう

あと、今作からセカンダリは基本ランチャー系、スナイパーの時はハンドガン、ボウガンとバリスティックナイフはお好みで、程度の認識で良いのでセカンダリ考察は省略する

以下装着可能なアタッチメント

ExtendedMag  拡張マグ      1000P
DualMag    デュアルマグ    1000P
ACOGSight   ACOGスコープ    1000P
RedDotSight  レッドドットサイト 1000P
ReflexSight  リフレクスサイト  1000P
InfraredScope 熱感知コープ    2000P
Suppressor  サプレッサー    2000P
Masterkey   ショットガン    1000P
GrenadeLauncher グレネード     3000P
Flamethrower  火炎放射機     1000P

M14限定アタッチメント
Grip      グリップ      1000P

G11限定アタッチメント
LowPowerScope 低倍率スコープ   2000P
Variable Zoom 可変倍率スコープ  2000P




M16
menu_mp_weapons_m16.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
40-30     30/60      50-63       20-30
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  938rpm        0.064         2.03          2.36

【オススメ:パーク】
Sleight of Hand

【オススメ:アタッチメント】
・サプレッサー
・火炎放射機

【武器考察:長所】
ベトナム戦争時までの米軍の主力ライフル
今作では最初期のタイプのM16で3点バーストのみ
高レートに加え低反動なので一度のエイムで狙ってしまえば勝てる
ARの中では最も威力減衰が緩く、なんと50mまでも最高威力を維持する
それはサプレッサーを付けても有利なことに変わりはない
実はMW2よりも高威力を維持できる距離が延びていたりする
同じ3点バーストのG11との違いはアタッチメントで豊富な戦術が取れるという点
サプレッサーを使うも良し、グレネードで牽制するも良し
ACOGサイトで少し、IRスコープでもう少し腰だめ性能が良くなるが過信は禁物
当てていける腕があれば強力な銃になりうる

【武器考察:短所】
ストッピングパワーの廃止によりキルには3発全部必要になったので1トリガー1キルが難しくなった
ただでさえ3発必要なのにラグ地獄によって当たっていない場合がよくある
自分に対して並行に移動している敵にはどうしても3発キッチリ当てるのが難しい
撃ち合いの場合はどうしても2トリガー以内にキル出来ない場合は話にならないので、エイムが上達してから使おう
また、腰だめの精度が他のARと比べて非常に悪く使い物にならない
スコープ類を装着することで若干良くなるものの他のARとほとんど同じ
なのでアタッチメントに火炎放射機を選ぶのも悪くない
とりあえず腰だめが使えないのでどの状況下でもSleight of Handが有用




Enfirld
menu_mp_weapons_enfield.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
35-25     30/60      38-50       13-25
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  750rpm        0.083           2.45          3.0

【オススメ:パーク】
Hardend
Sleight of Hand

【オススメ:アタッチメント】
・ACOGサイト

【武器考察:長所】
イギリス軍のライフル
前作とは打って変わってレートが低く落ち着いた性能になっている
ブルパップ方式でかなりジャムりやすかったため使い勝手はL86同様悪かったみたい
本作では低レートでブレの少ない無難な銃に仕上がっている
なのでHardendと組み合わせて貫通力を上げると壁越しの敵を倒すことも出来る
エイムまでの時間がSMGと同じなのでSleight of Handと組み合わせて走りまわれば中距離でも戦えるSMGのように使えなくもない
ACOGサイトを選ぶとイギリス軍用のSUSATスコープになりACOGより格段に見やすい
元々低レートなので中距離以降の敵を落ち着いて狙うことも出来る
アタッチメントやパークで遠近両用に化けるのでお好みで

【武器考察:短所】
低レート故に近距離では初弾が重要になってくる
しかもそこまで集弾率が良くないのでエイムしていてもどんどん右上にずれてしまう
そのうえ35属なので遠距離では他のARに劣る点が多くせっかくHardendで貫通力を高めても元々の威力の問題から決定力に欠ける
ブレがもう少し少なかったらそれを長所に戦って行けるのだが、いまいちぱっとしない感じになっている




M14
menu_mp_weapons_m14.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
50-40     20/60      38-50       13-25
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  625pm        0.096           2.4          3.45

【オススメ:パーク】
Sleight of Hand
Warlord

【オススメ:アタッチメント】
・グリップ
・サプレッサー

【武器考察:長所】
有名なスプリングフィールド、今作ではセミオートのみ
M1ガーランドに代わる第2次大戦以降の米軍の主力
長い銃身から狙撃に長けているもののジャングルなどでの戦闘では不向きだったのでM16にバトンタッチ
高い威力なのはゲームでも同じで中距離までなら2発で倒すことができる
ARで唯一グリップを付けて反動を抑制することができるので思ったよりも当てやすい
反動は真上に跳ねるのでヘッドショットを狙いやすい
また、この武器だけ頭と首に1.5倍のダメージ部位が存在するのでちょっと胸当たりを狙うだけでも倒せたりする
最低威力が40なのでサプレッサーと組み合わせても良い
先の反動抑制でヘッドショットをを狙えるならば中距離以降サプレッサーでも問題なく戦えるため相性が良い

【武器考察:短所】
グリップ付きのM14よりもFALの方が反動が少なく、本当にただ連打するだけならFALの劣化になる
寧ろグリップは必須といったところでサプレッサーを付けるならばWarlordは必須
アイアンサイトが見にくいので得意の遠距離で敵を見失いやすい
そもそもM14が有利な遠距離での戦い自体がマップの事情からあまりないので利点を生かせない
エイムに自信のある上級者向けの武器




FAMAS
menu_mp_weapons_famas.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
35-25     30/60      38-50       13-25
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  938rpm        0.064           2.5          3.3

【オススメ:パーク】
・全て

【オススメ:アタッチメント】
・デュアルマグ

【武器考察:長所】
前作からの続投、今作ではフルオート仕様に
35属の中でも優秀な部類に入る
レートが高く中距離以前ならば40属よりも高いレートで圧倒できる
サイトも見やすく反動も右上に跳ねるだけなので慣れれば結構遠くても当てていける
このゲームにおいてスコアが高い人はFAMASを愛用していることが多いのが証拠
どの場面でも活躍すること間違いなしなので使い慣れておくことをオススメする

【武器考察:短所】
高レートの宿命なので弾の消費が早い
今作ではデュアルマグを使うことで弾を1.5倍持つことができるのでそれで対応したい
また35属はサプレッサーを付けると中距離でも倒すのに4発必要になるので出来れば避けたい
リロードも決して早くないのでデュアルマグを使うなどして対策したい




GALIL
menu_mp_weapons_galil.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
40-30     35/105      38-50       13-25
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  750rpm        0.083           2.8          3.8

【オススメ:パーク】
Sleight of Hand

【オススメ:アタッチメント】
・サプレッサー

【武器考察:長所】
イスラエルによるAK47のリメイク的なもの
なのでグレネードを選択するとAK47用のGP-25になる
40属で低レート高威力の代表格
反動も右上に行くだけなので慣れてしまえば簡単に制御できる
また、1マガジン35発なので通常のARよりも弾持ちが良く20発多めに持てる
つまりサプレッサーでも威力不足になることが少なく中距離でも戦って行ける
40属の中でも優秀な部類に入る

【武器考察:短所】
リロードがARの中で最も遅い
最速と比べると0.8秒くらい違うのでリロードは場所を考えてから
それを補える何かをパークかアタッチメントで選ぶと良い




AUG
menu_mp_weapons_aug.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
35-25     30/60      38-50       13-25
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  938rpm        0.064           2.6          3.05

【オススメ:パーク】
・全て

【オススメ:アタッチメント】
・デュアルマグ

【武器考察:長所】
ステアー社によるオーストラリア軍の主力
前作では分隊火器支援目的でHBARが登場したが今作ではARとして登場
でもグリップは選べない
今作では高レートで弾をバラまくことができる35属の優秀な銃
似た性能を持つFAMASとの違いは反動やアイアンサイトくらいで大体は同じ感じで使っていける
高レートの対策としてデュアルマグを選ぶと良い

【武器考察:短所】
反動がFAMASと大きく違い上下左右にバラバラに動くので制御しづらい
中距離以前であれば特に問題ないのだが遠いと厳しい
リロード時間もFAMASより遅いのでポジションが微妙
使うには愛情がいるかもしれない




FN FAL
menu_mp_weapons_fnfal.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
50-40     20/60      38-50       13-25
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  625pm        0.096           2.5          3.1

【オススメ:パーク】
・全て

【オススメ:アタッチメント】
・ドットサイト

【武器考察:長所】
ベルギーのFN社の銃
弾の口径からフルオートでは威力がありすぎるためセミ専用のFALも数多く存在する
今作二つ目のセミオートの銃で割と低反動
エイム力に自信のある人向けなことに変わりはない
1発1発を確実に当てていかないと撃ち負けることが多いのでちゃんと狙える人向け

【武器考察:短所】
M14より反動自体は少なく感じるものの真上に跳ねるM14より左上にずれるため2発目が当てにくい
そしてアイアンサイトで敵を隠してしまうのでさらに当てにくい
何かサイト類を使わないと扱うのにこまるかもしれない




AK47
menu_mp_weapons_ak47.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
40-30     30/90      38-50       13-25
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  750rpm        0.083           2.5          3.25

【オススメ:パーク】
・全て

【オススメ:アタッチメント】
・全て

【武器考察:長所】
おなじみカラシニコフ
高威力で暴れるというのはもはやシリーズのお約束
今作ではデュアルマグなどの登場でよりテロリストっぽく戦えるようになった
高威力を生かして全距離で戦えるのが強み
セカンダリはもちろんRPGで

【武器考察:短所】
リロードが画面を大きくふさぐので見えない部分が大きく不安
しかも時間も結構長めなのでよく考えてから
サプレッサーを付けるとレートが下がるというが、実際のところ良く分からない
アイアンサイトでは銃口のすぐ上に弾が飛ぶため、自信の発砲で敵を見失いやすい
また、反動が上下左右に暴れるので制御が難しく扱いづらいと感じてしまうことも多い




Commando
menu_mp_weapons_commando.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m) サイレンサー付き 
40-30     30/90      38-50       13-25
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  750rpm        0.083           2.05          2.55

【オススメ:パーク】
・全て

【オススメ:アタッチメント】
・サプレッサー

【武器考察:長所】
コルトコマンドー、M16の銃身を切り詰めたタイプ
ベトナム戦争当時に開発され試験的に導入されたものでキャンペーンでもそんな感じで扱われてた
高威力で反動もそこそこあるのでAK47と同じ感じで使える
こちらの方がリロードは早く画面もふさがないので優秀
アイアンサイトもこちらのほうが見やすいので文句なし

【武器考察:短所】
実物どおりマズルフラッシュが若干大きめで反動と相まって敵を見失うことがある
なのでサプレッサーを組み合わせるなどして対策したい
なぜかCommandoのマスターキーのみ移動中にレティクルが広がるが無理して使うことはないだろう




G11
menu_mp_weapons_g11.png

 威力 装弾数(予備弾数) 減衰距離(m)  
35-25     48/144      38-50       
  
発射レート(発/分)  間隔(秒/発)    リロード時間(秒)  リロード時間(撃ち切り)
  1250rpm        0.048         2.7          3.85

【オススメ:パーク】
Steady Aim

【オススメ:アタッチメント】
・低倍率スコープ

【武器考察:長所】
ヘッケラー&コッホの無薬莢弾を使用した銃
撃ったときにやけどの心配や空の薬莢で転ぶことがないから良いかと思われたら固形火薬とかの問題で微妙らしい
まずなんといっても薬莢を排出しないことによる驚異的な発射レートが魅力
3点バーストだが発射される音は聞いていて爽快
そして48発もの装填数で144発もの弾を持っている点
拡張マグを使っているM16よりも装填出来るのは大きなメリット
さらに専用の低倍率スコープがある
ACOGサイトよりももう少し倍率を上げて見やすくしたようなもので、付けるか付けないかは個人の自由
しかもレティクルがSMG並に小さいのでSteady Aimと合わせれば近距離でもとっさに対応可能
ARにとどまらず全武器の中でもかなり異彩を放つ仕様なので慣れるのに時間がかかるが、使いこなせば驚異になるだろう

【武器考察:短所】
M16と比べて威力が低めで遠すぎると3発当てても倒せない
なので可変ズームを使ったところで遠いところの敵を倒すには向いていない、完全な劣化スナイパーになる
また低倍率スコープはACOGと同じく息止めをすることができないので照準が結構動いてしまい中距離以降はかなり難しい
また、全弾撃ち切ってしまうと装填した後にグルグルとネジを巻く動作が必要なので大きく時間がかかるのを忘れずに
その辺を考慮すれば基本的な性能はM16よりも上だと言えるだろう
サプレッサーなどは装着できないので正面からぶつかり合って狙って倒すという王道な戦い方が要求される








はっきりいってパークなども無難に仕上がってる今作では銃の個性がほとんど見いだせない

なので書いていて自分がつまらなかったのであっという間に終わった

なんだかんだいってMW2も個性がある銃が多かったのだなと感じた


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
最近の記事
管理人オススメ
最近のコメント
リンク
モンハン情報
アクセスランキング
本を買うならBOOK・OFF
ブックオフオンライン
検索用
プロフィール

後藤検事Ⅱ世

Author:後藤検事Ⅱ世
最近はビートルマニアが一度は夢見るEpiphoneのCasinoを購入
ほぼ毎日ギターと向き合う日々が増えている中ゲームの攻略などを記事にしてます

なんだか最近メタボ気味…

管理人のスマブラのフレンドコードです
5112-2645-3888

はじめてきた方はIndexまでどうぞ

管理人オススメ2
カテゴリー別
月別アーカイブ
YUI最新情報♪
MicroAd
ブログ内検索
最近のトラックバック
ブログのことなら
Powerd by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。